遺骨 アクセサリー 遺骨キーホルダー 激安通販専門店 安い購入 ウィズ ステンレス 完全防水 手元供養 刻印あり ペットロス ミニ

遺骨 アクセサリー 遺骨キーホルダー ウィズ ステンレス ミニ 刻印あり 遺骨 アクセサリー 完全防水 手元供養 ペットロス

9240円 遺骨 アクセサリー 遺骨キーホルダー ウィズ ステンレス ミニ 刻印あり 遺骨 アクセサリー 完全防水 手元供養 ペットロス ペット用品、生き物 メモリアル、オーナーズグッズ 遺骨ペンダント アクセサリー,odysseas.iti.gr,ペット用品、生き物 , メモリアル、オーナーズグッズ , 遺骨ペンダント,遺骨,遺骨キーホルダー,9240円,遺骨,ウィズ,手元供養,アクセサリー,ミニ,ペットロス,完全防水,刻印あり,/collectivist1034339.html,ステンレス アクセサリー,odysseas.iti.gr,ペット用品、生き物 , メモリアル、オーナーズグッズ , 遺骨ペンダント,遺骨,遺骨キーホルダー,9240円,遺骨,ウィズ,手元供養,アクセサリー,ミニ,ペットロス,完全防水,刻印あり,/collectivist1034339.html,ステンレス 9240円 遺骨 アクセサリー 遺骨キーホルダー ウィズ ステンレス ミニ 刻印あり 遺骨 アクセサリー 完全防水 手元供養 ペットロス ペット用品、生き物 メモリアル、オーナーズグッズ 遺骨ペンダント 遺骨 アクセサリー 遺骨キーホルダー 安い購入 ウィズ ステンレス 完全防水 手元供養 刻印あり ペットロス ミニ 遺骨 アクセサリー 遺骨キーホルダー 安い購入 ウィズ ステンレス 完全防水 手元供養 刻印あり ペットロス ミニ

9240円

遺骨 アクセサリー 遺骨キーホルダー ウィズ ステンレス ミニ 刻印あり 遺骨 アクセサリー 完全防水 手元供養 ペットロス

安心の完全防水仕様の遺骨キーホルダー(遺骨ペンダント 遺骨入れ 遺骨 アクセサリー)、錆びにくい『ステンレス316L』採用。

当店の遺骨ペンダントへの刻印はジュエリー業界トップクラスの自由度を誇ります。
英数字の他、漢字、ひらがな、カタカナはもちろん、絵文字や文字の種類も複数の書体からお選びいただけます。

ペットの手元供養として毎日身に付けるものだから、素材や耐久性にこだわりました。
丈夫で傷つきにくく、錆びにくい『ステンレス316L』(サージカルステンレス316L)を使用。
カプセル型の大容量で、ペットの遺骨を粉末にせずに納めることができ、お骨以外にも遺毛や爪、歯なども入れることができる遺骨ペンダントです。

制作前に刻印のイメージをご確認頂けます。詳しくは、商品情報をご確認ください。



















遺骨 アクセサリー 遺骨キーホルダー ウィズ ステンレス ミニ 刻印あり 遺骨 アクセサリー 完全防水 手元供養 ペットロス

ペットがなくなり遺骨アクセサリーを探していましたが、金属アレルギーのためペンダントタイプではなくキーホルダータイプをこちらで見つけてオーダーしました。 愛犬の名前を入れていただきとても可愛らしいキーホルダーです。 ミニタイプですが、シッポと前足の一部が入りました。#13;
購入前のサイトの情報、購入後のご担当者からのフォロー(刻印の確認と配送予定)、配送、到着した商品、全て満足いくご対応をしていただきました。#13;
2022-06-04
増え続けるID/パスワード。使いまわしや、弱いパスワードが、なりすまし、のっとり被害(加害)の元。サービス毎のID/パスワードを、DIDによって過去のものにしましょう!

ウェブ標準、W3CのDIDを元に仕様を決めたDIDを使って、応用サービスDID掲示板「 DID掲示板 / DIDBBS」を作りました。


「DID掲示板」
(src on GitHub)
ひとまず、先日決めた仕様によるずわい蟹だしの素110g ずわいがにの濃厚な旨味が、お手軽に料理の幅を広げます。【ズワイガニ】【顆粒出汁の素】美味しい海の恵み。を持っている人なら誰でも書き込める設定でサーバーを立てて動かしてみました。将棋盤 新桂 (アガチス) 折将棋5号を使って、電子署名付きの本文を作成し、コピペしてみてください。


「DID電子署名検証ツール - DID verify tool」

検証ツールのみ切り出してみました。サーバーでは送られてきた本文に電子署名がついているかどうか、電子署名が有効化どうかをチェックしています。ブラウザで表示している内容も正しいかどうか、DIDと電子署名から誰でも検証も可能です。

わずか25行のサーバープログラムがこちら。DIDと電子署名付き本文を検証する、checkSignを使った1行がポイントです。 import { Server } from "https://js.sabae.cc/Server.js"; import { JSONDB } from "https://js.sabae.cc/JSONDB.js"; import { checkSign } from "https://code4fukui.github.io/Ed25519/checkSign.js"; const bbs = new JSONDB("bbs.json"); class MyServer extends Server { api(path, req) { if (path == "/api/list") { return bbs.data; } else if (path == "/api/add") { try { checkSign(req.did, req.body); bbs.data.push(req); bbs.write(); return "ok"; } catch (e) { return e; } } } } const port = Deno.args[0] || 8001; new MyServer(port); DIDのパスワード(秘密鍵)は第三者に渡す必要がありません。ただ、電子署名(サイバーハンコ)を計算して付与するためには必要なので、そのツールの信頼性が重要です。本プログラムはオープンソースなので、悪意あるプログラムが動いていないことを検証することができます。

次のようにコンソール上でDIDの生成、電子署名を計算することも可能です。Denoはファイルアクセスやネットワークアクセス前に確認が入るので安心です。

deno run https://code4fukui.github.io/Ed25519/makeKey.js

※鍵生成、pemファイル(秘密鍵+公開鍵)、pubファイル(公開鍵)

deno run -A https://code4fukui.github.io/Ed25519/sign.js key.private.pem 'test'

did:key:z6Mko4PMbnRYQVFSjs98XqWkj5topwGyhEy542x6gygWUDr4 test signature:z2c6QgDNZoab3NHGXcL6qviPa2bavakMKejXdAxGmJrj1r7n3V945h9MocYkg8tZwP8wxRscYddm2tpqCJq4quC9rMrH

1行目がDID、2行目以降の電子署名付き本文をDID掲示板に貼り付けると信頼できる書き込みのできあがり!

links
- 作って持とうマイDID、分散型ID=公開鍵
- 福井から始まる信頼のインターネット、発足「Internet3 ユーザ会」 at サイバーフライデー
- 学校DX!分散型ID「DID」と電子署名ツールWebアプリ

2022-06-03
マイクロソフト社も推進するDID(分散型ID)。表彰状でも気軽に使えるように開発進めた電子署名ツール、ひとまず仕様がまとまったのでβを取りました。
「DID電子署名ツール - DID sign tool」

W3CのDID仕様をベースに、DID Methodとしてdid:keyを使って、Ed25519の公開鍵とDIDとして、秘密鍵をパスワードとしてそれぞれ文字列化しています。本文末尾に付加する「signature:」で始まる文字列が電子署名です。学校のDIDで、学生のDIDを学生であると表記し電子署名したもの、それがデジタル学生証となります。

例えば、高専の学生証をDIDでデジタル化すると、福井高専を応援するいろんなお店の人がQRコードを読むだけで、福井高専生のための学割を正しく設定することができます。QRコードの検証は、接種証明書アプリでデジタル庁がすでに運用済みです。(参考、ブラウザだけでOK「高速ワクチン接種証明書チェッカー」QRコードに検証済み接種情報をAR表示するwebアプリ vcchecker


福井高専の先輩で、神山まるごと高専の校長予定、大蔵さんが福井高専に来てました!徳山高専の一期生で、福井高専の校長、田村さんと社会と高専をどう近づけるかディスカッション。

身近で手軽なところから、どんどん使っていきましょう。

2022-06-02
Internet3へのいよいよ無料βプログラム受付がスタートした日、シリコンバレー出身の福井好き、あみるが来福!(参考、福井から始まる信頼のインターネット、発足「Internet3 ユーザ会」 at サイバーフライデー


サイバーバレー、福井で企む3人と、池田町のお蕎麦屋さん「水車」の大将。


3年ぶりのアップデート。鯖江にできたステキ拠点、SCCにて!あみるは、バークレー大学出身、フラダンス パウスカート シングル73cm丈 ブラウン 2207社長で、永平寺町エボリューション大使One Young World 2018の福井代表。(国際チームで臨む新型コロナとの戦い、咳の音声で目指す感染の早期発見プロジェクト Virufy - オープンソースで貢献


あみるからもらったおみやげ。バークレー大学のトートバッグに・・・


メガネ発見!なんとバークレーに、Barkeley Optometryこと「Herbert Wertheim School of Optometry & Vision Science(ハーバート・ヴェルトヘイム 検眼&視覚科学学校)」がありました。ハーバート・ヴェルトヘイム氏は、検眼医で、発明家で、実業家。入学に平均優以上(最低GPA3.0)が求められるハイレベル校。学生の研修旅行に鯖江、いいかも。

VR/ARのメガネ化が見えてきた現代、鯖江市地域活性化プランコンテスト発のプラン、福井高専眼鏡工学科があれば、姉妹校化もいいかも。(つながる強さ 第二回おとな版鯖江市地域活性化プランコンテスト


今年でメモリアルな15回目!「市長をやりませんか?」鯖江市地域活性化プランコンテスト、今年も楽しみ! 大学生向けの本戦前の、高校生版参加者の募集、始まってます!3年生までの高専生でもOK!

信頼できるインターネットに向けて、必要な部品づくり。DID電子署名ツールで使う、可変長整数のエンコーディング「Varint」をJavaScript/ESモジュール化。

「code4fukui/Varint: use msb to create integer values of varying sizes」

Node.js用のライブラリ「chrisdickinson/varint: use msb to create integer values of varying sizes」をforkして、ブラウザとDenoで使えるように改造完了。


1ビットずつシフトしながらintをVarintにエンコードするコード実行例 import { Varint } from "https://code4fukui.github.io/Varint/Varint.js"; Array.from({ length: 40 }).map((_, n) => Varint.encode(1 << n)); Array.fromのlengthパラメータとmap使えば、for文を使わず繰り返しができて便利(メモリはちょっと無駄)。 32bitを超えるBigIntには未対応なので、必要であればぜひfork、プルリクを!

2022-06-01
コロナで3年ぶりの開催、帝国ホテルで開催された、電波の日・情報通信月間 記念中央式典。
総務省|報道資料|令和4年度「電波の日・情報通信月間」における表彰」(別紙4
地域情報化アドバイザーとして地方公共団体等におけるオープンデータの推進に尽力するとともに、地域におけるプログラミング教育をはじめとした教育の情報化推進のため、地域ICTクラブの普及促進に多大な貢献をした。
令和4年度 情報通信月間推進協議会会長表彰 情報通信功績賞: 福野泰介


情報通信月間推進協議会会長の遠藤さんより激励。遠藤さんは、日本のパソコンを支えた日本電気株式会社(NEC)の取締役会長で、一般社団法人 日本経済団体連合会サイバーセキュリティ委員会の委員長もされています。表彰いただき、ありがとうございました。情報通信技術、ますます発展させていきましょう!


遠藤会長より、いただいた賞状。


地域情報化アドバイザー、最多支援記録、高橋さん!


高橋さんとは福井県越前市での支援でオンラインでお会いしていましたが初対面! 総務省サイバーセキュリティ統括官室参事官の梅村さん、オープンデータを担当されていた頃以来の再開!


今回の受賞は、IchigoJamや、オープンデータを応援していただいた多くの方々のおかげです。ありがとうございました。


「DID電子署名ツールβ」

表彰状DXのご提案。ハンコの代わりは、電子署名。いろんなサービスのIDとパスワードを管理するという無理と不自然を解消する、DID。簡単に発行でき、電子署名、検証が気軽にできるツールを準備しています。既存の仕様に合わせた回収をしたいのでβ版として公開。簡単さをご体感ください。


帝国ホテル、ロビー横に渋沢栄一氏の展示あり。(渋沢栄一と帝国ホテル | 帝国ホテル 東京


24時間表記付きの古時計!


展示されていたステキな椅子を3Dスキャン。


帝国ホテル内に並ぶ椅子、歴史ある椅子がモチーフなってます。
ハンコの古き伝統を現代風にアップグレードしましょう!


同日、デジタル庁デジタル監、浅沼さんとも初対面!新時代、創っていきましょう!

Tweet

本ブログの記事や写真は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供します。記事内で紹介するプログラムや作品は、それぞれに記載されたライセンスを参照ください。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / 「一日一創」画像 / RSS